モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

第2世代経営者の悩みと創業者との違い

 

f:id:mogemogewo:20170503204428j:plain

 

こんばんは、モげをです^^

 

意気込んでネット作業中に1本の電話が入ってきました。

 

 

???「飲んでるから来なよ!1時間後ね」

 

 

ということで、いつも仲良くしてる方と初めて会う経営者さんと一緒に朝までコースでした。その際に話したことを書いていこうと思います。それではご覧ください^^

 会社を運営する立場

 

今回一緒に飲んだお二方は、どちらとも全然業種は違いますが、お父上が社長として会社を運営して時期社長という立場で意気投合していました。

 

僕自身は一応「創業者」ということで、全ての会社方針などは自分自身で決めていき、それにより全てが決まるといった状況なので自分次第ですよね。おそらく、ほとんど開業した個人事業主の方もその感覚だと思います。

 

ただやはり数十年後には自分の息子に会社を渡したり、世代交代は必ずやってくるものです。

 

 

 

お二方の悩みとしては、「既存のモデルに何か加えていかないと必ずダメになる」

ということで意見はもちろん一致しています。

 

ただしやはり立場上、自身が口を出す事ができない、口を出したとしても全く受け入れてもらえないなどそれはどこの会社でもあることですよね^^;

 

そんな話をしながらの飲み会は非常に楽しくまた勉強になりました。

 

社長の息子はどう考えているのか?

 

では数時間一緒に話した中で、何を考えてどう思っているかを簡単に挙げていきます。年代問わず会社運営にはつきものでしょうね。

 

人材問題

まずは大きな問題として、若い世代をいかに会社に取り込んでいてなおかつ、育成が出来ているかということです。僕自身この記事を書いているのは28歳で若い部類に勿論入ると思っています。

 

お二方は34、39歳と会社経営陣から見ると当然若い世代となりますね。やはり重鎮の方々で言えば50歳前後などがそうでしょう。スタッフも50歳前後が多いとなれば、当然20代、30代の若い世代がどれだけ育っているかが重要になってきます。

 

 

それを考えるとまずは若い世代を会社に迎え入れるということが必要となってくるでししょう。だからこそ大手は好条件を売りにいい人材を引っ張ろうとしてるわけですね^^;笑

 

 

逆に中小企業で特に旨味がないような会社に誰が来るでしょうか?その部分も明確にどういった強みが会社にあって、どれだけお給料など支払えるか・・が鍵となってきます。

 

いい時代しか知らない

 

今現在大手などを除く中小企業で長年経営をしているというのは物凄い事だと思っています。僕自身も会社設立からまだ1年半くらいのヒヨッコですからね。笑

 

では先代はいい時期にうまいことやったからこそ、先行者利益で爆発的に成長したということが言えますね。もちろん数十年続けるだけでも素晴らしいです。ですがその築き上げたシステムが本当に今でも使えるのでしょうか?

 

20年前、30年前と明らかに時代が違います。その当時は良かったとしても、今では全く通用せず業績が悪化しているような企業も多いです。いい時代の手法を維持するのは一度軌道に乗れば簡単でしょう。

 

ただし一度崩れてしまったシステムに新たなテコ入れや新しいモデルを考えるのは非常に難しいと言えますよね。そこを丸投げされるようなものですから2世代目の経営者は大変でしょう・・・。

 

ネットや若い世代に適応

 

これは僕自身が感じることなのですが、最終的にはリアルの繋がりや人脈が非常にビジネスには大事になってきます。もちろんネット世界でも同じブロガーさん同士で相互リンクやコメントなどで繋がる事は大事です。

 

ただやはり地域に密着した会社などはネットで集客なども考えずに地元の繋がりのみで運営しているところも多いでしょう。それは、「プライドもあるし受け入れがたいから」という部分が強いと感じます。

 

 

今回お会いした39歳の方は、10歳も年下である僕の話や意見を食い入る様に聞いていました。

 

 

 

「そんな大したこと言えないので参考になるかわかりませんよ^^;」

 

 

 

「いやいや、貴重な意見だよ。今の時代偏見など持たなくて、柔軟に対応していくのが大事だと思うから。今現在の事業だけでなく、ネット関係を交えた事や若い世代が望むことを考えていきたい。」

 

 

 

こういった方が上手く会社を運営していくのだな・・と実感しました。逆に同じ年代でも全く僕に興味がない方が多いと思います。

 

結局は時代に適応するべき

 

そんな感じで朝まで飲み明かした結論としては・・何事も時代に適応出来るかどうかが鍵となってくるでしょう。

 

5年後には僕の会社がどうなってるか全くわかりません。それどころか2年後に潰れている可能性も十分考えられます。もちろん潰す気など全くありませんが、そのために今は色々な経験をして実際に運営しているわけです。

 

 

自分は◯◯の会社だからそれしかやらない・・ではなく、時代に合わせて何かしら全く別のモデルをやる必要もあるかと思います。

 

其のためにもリスクヘッジとして色々な手法を持っておくと強いなーと感じましたね。このブログもその為の1つですからね^^

 

 

全く反応がなくとも続けていこうと思います。笑

 

ではでは、最後までありがとうございました。