モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

スカイプ通話に費やした時間と話すことの大切さ

f:id:mogemogewo:20170506185836j:plain

 

 

こんばんは、モげをです^^

 

順調にブログを更新できそうな予感がしております。そうです、ネタに困ったり書くことが無くなるということがないからですね。

 

困ったら今日の晩御飯でも書こうかなと思ってます・・・笑

今回はスカイプについて思うことを軽くお伝え出来ればということで、通話することの出来る知り合いの重要性を書いていきます。

 

情報交換できる関係性

 

昨日の事ですが、まあネット関係の知り合いと仕事の打ち合わせ?というか、サイト運営のことについて話していました。

もちろん同業者なのでせどりもやっているし、ネット関係も携わっている。話は当然のように盛り上がり、20時から始めたスカイプ通話が気付くと夜中の3時超え・・・。

 

 

そうです、ちょっと話すつもりが7時間オーバーという1日の労働時間に匹敵する時間を費やしていたわけです^^;

 

これが良いことかと言われると微妙なところです。ですが、おそらく僕自身は絶対にもう眠いからやめようなどは言いません。なので僕とスカイプする機会があったらもう辞めると切り出してくださいませ。笑

 

 

 

 

ただし、それなりに稼いでいる人や経営者に関しては、深く話せば話すほど濃いノウハウを出してしまうという傾向があります。飲み会の3次会現象的な感覚です。

出し惜しみをするというわけではなく、わざわざ言う必要もないだろうと初めは思っています。ただ話の流れの中でふとそのことを思い出し・・・

 

 

「あーそういえば◯◯知ってたっけ?儲かるよー」

 

 

僕は知ってたのですが、実際にやってなくてそのネタだけで約8万円は利益が出るかなと言う情報もサラッと聞けました。軽く行動するだけなので、忘れてただけなのですがね^^;

ただおねだりするだけでは逆に快く思わない方も多いでしょう。

 

 

 

ですので、お互いに話して勉強になる関係がベストですね。

実際今回スカイプした方では物販レベルは断然相手方が実力は上です。ですが、ネットに関しては僕のほうが知識があるわけです。

 

お互い特に無料で時間も気にせずやれるのはお互いにメリットがあるから全く気にならないということであります。

 

気軽に聞ける相手とは?

 

ではスカイプといえば、ネット系では基本「コンサルティング」の部類に入ると思います。スカイプコンサルなど良く聞きますよね。僕自身もスカイプコンサルはお願いされれば引き受けております。

 

せどり系でもネット系でも高額コンサルや高額塾にスカイプ通話が含まれているパターンも非常に多いでしょう。そういったチャンスがあるのでれば、遠慮せず疑問をぶつけることもまた重要と言えます。

 

 

例えばAmazonの仕組みなどに関しては、Amazonに電話すれば大体が解決できます。確認程度に誰かに聞くだけでも良いでしょう。ただ肝心のノウハウやお金を生み出す部分に関してはそれぞれ人によって手法ややり方は全く違うので、聞くだけでも勉強になります。

 

もしお金払って受けるなら聞かないと損ですよね。ただ人によってはそこまで深く話さない人・教えてくれない人も多いかと思います。

 

 

ではどのような方が一番素直に話してくれるのか?となると、

 

「同じように経験を積んできた同期」

 

が一番お互いに話しやすく、定期的にでも通話すべき相手なのかなと思います。

 

出し惜しみをしない事、独占を考える

 

僕が一番しっくりと来たのはせどりを始めた当初でした。僕が始めた2年半前くらいでは、まだ本・家電などがメインでホビー系はライバル皆無でした。

 

その状況でいち早く地域の旨味を感じた僕はひたすら仕入れ出来ていましたね。そこで出会った地域のライバルが今での仲良くさせてもらってる先輩です。

 

 

 

 

会った次の日にホビー系や新品のやり方を自分がやってる事を見せました。正直最初は

 

 

「うわー、10分くらいの距離に住んでるガチライバルに教えちゃったよー、大丈夫かなー」

 

 

ただそれを教える事により、逆に信頼してもらえてその後もいい情報があれば頂ける状況になったわけです。例えばそこで全く教えたりしなかったら関係は良くなってなかったかもしれません。また教わった側もみだりに言いふらして拡散させたりもしなかったので、お互いにメリットある状況になっていったわけです。

 

 

もちろん商品を全てさらけ出すというわけではなく、隠す部分は隠しますよ。笑

ですが本当に組織が崩壊しうる核の情報以外は与えることによって、後で大きく返ってくるといった考え方です。

 

せどりの一部ノウハウを教えたところで・・・という事はありますがね^^;

 

同じ目線の方に聞く

 

これはよく言われたのですが、いくら会社の重役といっても経営者ではありません。個人事業主で人を雇いたいなど疑問が出てきたら経営者に聞くべきです。

 

僕も経営者ではありますが、常に上を進んでいる経営者の話がやはり一番響いてきます。自分の今いる環境、そして目指している環境に現在いる方とお話し出来る関係性を築いてみてはいかがでしょうか^^

 

 

 

まあ、偉そうなこと言ってますがただ単に話すのが好きなだけかもしれません。笑

ではでは、また明日もお楽しみにお待ち下さい!