モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

AmazonでもYahooショッピングでも審査が厳しくなっている・・・?

f:id:mogemogewo:20170524110616j:plain

 

どうも、モげをです!

 

読者さんからの質問や知り合いの話などを聞いていると年々色々な規制がかかっているみたいですね、時代の流れでしょうか。

今回はAmazonの規制話やYahooショッピングの事について書いていきます。

事業としてやること

ネットが身近になっており、誰でも簡単にネット販売をすることが可能になっていますね。特に若い世代が利用している「メルカリ」の流行りによって今やヤフオクを抜き去ろうという勢いで成長しています。

 

 

 

この2つ販路(プラットフォーム)のいいところは、誰でも簡単に出品が出来ることですね。ある程度の規約がありますが、法に触れるものでなければ大体出品することが可能です。不用品処分に最適ですね^^

 

それに比べ、AmazonやYahooショッピング、そして楽天市場などはどちらかというと、事業主向けのプラットフォームと言えるでしょう。

ただ不用品を売るだけであればこれらに登録して販売する意味はほとんどないでしょうね^^;

 

Amazonの制限話

 

Amazonでは普通に出せるカテゴリーと審査が必要なカテゴリーが存在します。

 

moge-world.com

 

現在では新しくAmazon登録した人には、CDやTVゲームが出せないという制限までかかっているみたいです。

おっそろしいですね・・・これらに制限がかかったのは、2016年11月と2017年4月のお話なのでごく最近です。これからも増えていくことが予測されるでしょう。

 

 

 

実際これでキツイのは新規で始める人ですね。僕のアカウントなどでは現状全てのカテゴリーで出品可能なので有利であることは間違いありません。

 

Yahooショッピングの制限話

Yahooショッピングに出店するには2種類の方法があります。ライトかプロかどちらか。はてなブログと同じような感じですね!無料版かプロ版か。

 

 

一応どちらも費用が発生しないのが良いところではありますが、普通に一定数出品するのであればプロ版でないとお話になりません。ですが、このプロ版が法人でないと最早通らない・・・などといった話も聞きます。

 

そして法人でも通らないということも知り合いから聞きましたので、審査が厳しくなっているのでしょう^^;

 

これも僕のところでは法人ですし、大して売っていませんがプロ版で現在も使えています。

 

ルールに従うのが当たり前

 

これらの媒体にはやはり依存しているということになってしまいます。いくら月商1000万レベルまで行ったとしてもアカウント停止になる可能性もあります。

 

そして複数のアカウント所持(本来ならダメ)してリスク分散というのがほとんどですが、その複数アカウントも新規で作成すると制限だらけ・・・。

 

そうなると他プラットフォームで売らなきゃとなりますが、Yahooショッピング審査落ちる^^;などなど。

 

 

販売させてもらっている以上は逆らえないですし、心臓をいつでも握られているようなものです。もちろんネット関係といえどGoogle大先生に心臓を握られていますね。笑

 

 

 

とまあ、ここまで厳しいなどと言ってきましたが、

ダメになった時はその時で!というぐらいポジティブに考えるのが良いでしょう。

 

 

悲観的になってしまうとそもそも躊躇してしまって動けないというのも大問題です。

もし副業で稼いでいる・また個人事業主として稼いでいる場合には食いぶちさえ崩れなければいつでも方向転換できます。

 

 

今後も何かしらの規制や根本が崩れるような自体があるかもしれませんが、文句ばかりでなく「そんな事もあるだろ~」くらいで構えておくのが一番ですね^^

 

ではでは!