モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

ブログを書く際に意識している書き方や構成方法

f:id:mogemogewo:20170603120346j:plain

どうも、モげをです!

以前からやっているブログ、そして現在のブログを合わせてると書いた記事は1000を越える勢い。ただ文章を書くだけではなく、コンテンツを作成しています。今ではその成果?と言っても良いのでしょうか、ある程度つまらずに文章を作成することが出来ます。



今回はそんな文章の書き方や、作る際に注意することやオススメの構成などをお話ししていきます。それでは、ご覧ください^^

周りの意見をとりあえず聞いてみる

以前から周りのブロガーや読者さんとお話をする機会があるのですが、



「モげをさん文章うまいですね!」



「いつもブログ見ていますが、物凄くわかりやすいです!」



とありがたい事に声をかけて頂ける事が増えてきました。
ただ自分では全く良くわかりません。笑



もちろん記事を作成する際にどのようにしたら見やすいか?そして読みやすいかを考えて作成はしていますが、それはあくまで自分主体であって、誰かの意見を貰わないと成長していかないと思っています。自分を貫き通すなら余程のセンスがないとまず共感してもらえないでしょう。



そしてその読者さんというのは、ブロガーではなくただ読むだけの方に意見を聞くのも効果的だと思っています。

僕を含めブロガーはそれぞれこの書き方が良い!と思いそれぞれが文章を作成しています。それに自分の色が乗るわけですよね。今回語る書き方や構成などはあくまで僕自身のやり方です。



全く手法は違っても万人に「読みやすい」といってもらえるならそれで十分でしょう。ですので、身近な人に読んで貰って率直な感想を貰うのが一番効果的だと感じますね^^

漢字と接続詞と語尾と

まずは文章そのもの。こちらで注意している点といいますか、気にしているのは難しい漢字をまず使わないこと。読める読めないという問題ではなく、見た目や疲れさせない為に意識することです。


といっても、そこまで露骨に注意しているかと言われるとそうでもないです^^;
毎回気にするのは接続詞と語尾ですね。





「今日は運が良いことに宝くじが当たった!
しかも金額は10万円。しかもその10万円でパチンコ行ったらさらに5万円増えた。さらに増やそうとして全部なくなった^^;」




これを読むとわかるでしょうが、接続詞がかぶっているのです。笑
ただ毎回2000文字以上記事を作成していると、どこかでそのかぶりが出てしまうものなのですね・・・。なるべく僕も意識してズラすか、元々繋げちゃうということを考えています。





「今日は運が良いことに宝くじで10万円も当たった!
せっかく当たった10万円、これを手にパチンコ屋へ駆け込み一勝負。まさかの5万円勝ち合計で15万円に増えた。だがしかし・・・さらに増やそうと投資して全部なくなってしまった^^;」




こんな感じで全く印象は変わってくるでしょう^^
後は語尾に関しても同じように注意。~です。~と思います。~ですね。~でしょう。などがなるべく連続しないように意識していますね。

見出しとスペースを活用

文章がある程度まとまれば、改行をどのように入れるか、そして見出しをどのように作成するかを考えます。といっても僕の場合は、タイトルを考えてその後見出しを先に考えます。


例えばですが、



「運命の彼女と出会った恋物語を語ります」



という題名で記事を作成するとします。(彼女いません)
文章の流れはほとんどのかたが想像出来ると思いますが^^;




「あれはひらひらと桜舞う春の季節・・・」



などと書き始めている場合ではありません。笑
まずは構成を考えることをおすすめします。起承転結みたいな意識です。





・出会い編

こうして僕らは出会った

・接近編

互いの距離が近づいて来た

・危機編

もうダメかと思った

・告白編

こうして僕らは付き合うことになった

・現在編

付き合って10年。

このブログを毎日読んでくれる彼女へ。


「結婚しよう」






どうでしょう?笑

ありもしないことを想像で構成してみたわけですが、オチも付いていい感じで文章かけそうな気がします。本でも「第1章」などと見出しが書かれている場合がほとんどだと思います。流れは想像できたとしても、やはりわかりやすいように見出しを決めることは重要となります。


スペースも一呼吸置くのに便利。特に会話言葉や、何か強調させたい場合には幅を多めに開けるということもしています。

記事が長いのであれば目次

見出しが多く、書きたいことが山ほどある場合には冒頭の挨拶後に「目次」を設置する方が個人的には良いと思っています。この記事もおそらく3000文字以上は書いているでしょうか・・・。一応冒頭にも目次を付けていますが、こちらで再確認してみましょう。



このような感じです。もちろん読者さんに一発で分かりやすいようクリックで飛べるようになっていますし、自分で見ても分かりやすいです。文章が長くなればなるほど導入しておくべきでしょう。はてなブログであればボタン1つで設置。ワードプレスの場合はプラグインを使えば簡単に表示させることが可能です^^

文字の大きや、色変更は必要か?

これも完全個人的な意見ではありますが、露骨に大きさや色を変える必要はないと思っています。ここまで読んで頂けると気付いているかもしれませんが、僕は太文字赤文字しか使っていません。

以前ブログ書き出しの頃は青だったり紫だったりピンクだったり・・・色々と使っていた気がします。



もちろんコメディ色が強いのであれば多用して問題ないと思いますが、結局は内容ですからね。僕が目に止まった分かりやすい記事、為になる記事というのはスマートに書かれているものが非常に多いと感じます。


f:id:mogemogewo:20170515175241j:plain


この明太子マジで美味かった。


物語風、日記風であればこのように写真を絡め文字の大きさや色を調整出来るとまた味が出て良いかもしれません^^ちょっと高等テクニック過ぎて中々僕には難しいです・・・笑

文章力、語彙力、ライティング

さて最後となりますが、これらを勉強していく必要があるのか?ということです。正直に言えば「習うより慣れろ」です。僕自身誰かから文章を学んだわけでもなく、元々読書愛好家というわけではありません。

マンガは沢山読みますが活字本は生まれてこの方10冊も読んでいないでしょう。これ誇張表現ではなくマジなのです。本は読んだほうが良い、勉強になるとよく聞くのですがどうしても拒絶反応が・・・笑




さらにブログなど構成やサイト方針など全てを含め自分のコンテンツなわけですからね。本や小説などとはまた違います。それこそ読者さんがいてファンレターなどではなく、普通にコメント欄でやり取りが出来るわけです。多少なりともコメントが付けば否定コメントだろうが読んで頂いてるわけですから。


そういった経験を積み重ねることによって、自然と文字が出てくるようになるのではないでしょうか!

まとめ

いかがでしたしょうか?当たり前と思う事が多いかもしれませんが、意外とやってみて読み返すとおかしな部分があります。僕もただの文章力や話の流れで考えればそこまで上手とは全く思っていません。

やはりセンスや伝え方など人それぞれ。うちのスタッフの方が文章は上手いです。



ですが読みやすくする努力は下手なりに誰でも出来ます。ここまで読んで頂いて読みやすい!と共感して貰えたら、これら注意点を取り入れて活用して頂けると幸いです。

ではでは、長い文章をお読み頂きありがとうございました^^