モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

新幹線や電車の広告枠から見る宣伝の重要さ

f:id:mogemogewo:20170612200443j:plain


どうも、絶賛関東滞在中のモげをです!

新幹線や電車に乗ったのは約半年ぶりでしょうか?
まさかのスマホ充電が切れそうな状態だったので、ボーッとするしかありませんでした。

今回はそんな時に目に入ってきた「広告」についてのお話。
よーく見かけるかと思います。調べてみると実は驚くべき料金が・・・笑

新幹線や電車の広告枠

新幹線や電車の中には様々な場所に広告が設置されています。よく目にするのは、やはり大手の広告。先日見かけたのは、「キシリトール」や「ハーゲンダッツ」や「午後の紅茶」などなど・・・。


それとよくわからない電車旅のやつ。世界の車掌から?でしたっけ。笑
いかにもっぽい旅をするようなプランの広告も目に入ってきました。



では実際これら広告は一体いくらぐらい出すと掲載してもらえるのでしょうか?
簡単に調べることにできるサイトを見つけましたので、こちらを参考に書かせていただきます。

www.oricom.co.jp


皆様も聞いたことがあるであろう、まずは山手線群に広告を掲載する場合です。

山手線群


山手線を含め、常盤線、横須賀線総武線快速線、つくばエクスプレスなどが対象となるグループ。これら全時間・全車両に設置した時のお値段ですね。

期間は1回で基本7日間(1週間)とのこと。



そして実際の驚くべき値段は・・・430万円!!!

そこまでの宣伝効果が1週間であるのかと。そう考えるとテレビCMなども広告を出す際には結構エゲツない金額を取られることは間違いないでしょう^^;

青梅・五日市線


こちらは聞いたこともない路線ですが、関東圏でもどちらかというとマイナーな部類に当てはまるでしょう。それでも1週間で14万円くらいの料金がかかります。




この広告は各車両にぶら下がっているやつです。車両数×電車台数によって価格がかわってきますので、台数が多い線は料金が高くなるというシステムです。山手線群の場合、


・1週間430万円

・広告枚数3750枚

・1枚単価約1150円

・1日1枚の単価160円



こういった計算となっています。
そう考えると数量がすくないと単価自体はそこまで高くないですね^^;

ですが、数が膨大過ぎて料金が跳ね上がるというわけですね・・・。これだと大手の企業でない限り中々広告を出すことは厳しいでしょう。

広告効果や宣伝は偉大

ということで新幹線や電車というのは、ただ乗客から乗車料金を取っているだけでなく、こういった広告費も結構な額売り上げに貢献しているといえますね^^


雑誌なども当たり前のように広告枠というのは、例えば旅館雑誌などであればページ単価いくらといって旅館側から掲載費を頂いて運営しているわけです。こういった読者の為になる・企業も宣伝できる・運営も儲かる。





この全てがウィンウィンとなれる仕事は理想的ではないかな〜。
と思いつつ久しぶりに新幹線や電車に乗り思ったことでした。世の中の仕事は良く出来ているなーと感心しつつ、何かしらそういったモデルを作れるよう努力してみます^^



ではでは、また移動中の記事作成なので短くなりましたが、また明日から本腰入れて更新していきます^^