モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

人件費のムダ使い?派遣切り?ホテルで働いていた時の話【前編】

f:id:mogemogewo:20170925142542j:plain

昔働いていたシリーズ。学生の頃、バイトの立場だと仕事の重要性やどれだけ上手く回っているかなど全くわかりませんでした。今20代後半になってようやく仕事の何たるかが少しずつ分かってきた気がします。


どうも、モげをです。


今回は悩んで捻り出した過去話、ホテルで働いていた時のことを語ろうかなと。もちろんただのバイトなので偉そうなことは言えませんが、個人的に一番楽しかったバイトとなりました。


ホテルの仕事内容と選んだ理由

f:id:mogemogewo:20170925143711j:plain

まずホテルのバイトというと何を思い浮かべるでしょうか?受付や荷物ボーイ、室内の清掃など様々なことを考えるでしょうが、若い人たちが多数いても問題ない場面があります。それは「宴会や披露宴の配膳」です。披露宴や宴会などホテルで開催されているのはご存知だと思いますが、特に披露宴などは何人スタッフいるんだよって思ったことがあるでしょう。



もちろんホテルのロビーや宿泊関係にいるのはほとんどが正式な社員とかですが、それとは全く関わりのない部分で宴会担当の社員さんや責任者の方がいます。




主な仕事内容は以下の通り。

  1. 会場作り(テーブルや食器など)
  2. 料理・ドリンク配膳
  3. 片付け
  4. 会議の付き添い


大体がこの4パターンですね。一番楽なのは、小規模な会議室のお茶係として立っているだけの時。それ以外は実はどの仕事よりもぶっ壊れていました・・・。



バイトとしてこれの仕事を選んだ理由は時給があり得ないくらい高いからです。確か1000円は越えていたような気がします。しかも働いていた当時は高校生でしたからね。高校生で時給1000円を越える仕事というのは中々にないと思っています。

鬼のように厳しかった

f:id:mogemogewo:20170925145912j:plain

これは僕が働いていたホテルの場合でしたが、とりあえず社員さん?というかバイトを束ねる立場の人らが皆死ぬほど厳しかった。厳しかったというか、バイトをただの駒としか見ていなかったという方が正しいのでしょうかね。



特に女性社員の怖さはもう本当に・・・。



大体の仕事は宴会会場がメインでした。夕方に学校終わりに行くと、会場作りの終盤に参加です。丸テーブルを配置して、テーブルクロスを引き、食器類やグラスを綺麗に配置する作業です。そこでは仕切っている社員の人が皆に指示を出して会場を完成させていきます。


おい、倉庫から丸テーブル20個持ってきて、男!


はい、倉庫のどこにあるのでしょうか?


行けばわかるからさっさと行けえぇ!!


は・・・はぃ・・・


ノロノロしているような暇はありません。やはりホテルの宴会や披露宴というのは優雅なイメージですよね?会場がまだ出来てないとなると大問題になってしまいます。ですので、全身全霊。休む間もなく仕事が与えられミスれば当然怒られます。


あんたさぁ、なんでこれ下げてきたわけ、お箸の袋


え、ゴミだと思って・・・


箸受けもあるけど袋使う人もいるのよ、そんなこともわからないの?


は・・・はぃ・・・すみません


こんな感じで、全てが言いなりとなり1日が終わります。実際に丸テーブルを10個ぐらい出し入れするだけで死ぬほど体力を使いますからね。片付け時も結局丸テーブルからテーブルクロスまで全てを撤去するわけです。それは毎回宴会の作りや雰囲気が違うからです。


華やかな高級感の裏にはスタッフの苦労と努力が詰まっている・・・ということです。

人の入れ替わりとバイトの末路

f:id:mogemogewo:20170925151946j:plain


こんな感じで、日々仕事をしているわけですが、宴会1つで20人前後のスタッフが付くわけです。ホテルって当然この宴会が毎日2.3会場で行われますよね?それだけにバイトの数も尋常じゃないくらい多いってことになります。

時給も高いしそれに見合った忙しさなのですがそれほどに人件費をかけても儲かるというのはホテルって凄いなーと。やはりサービス料の部分で頂いている額が大きいし、それに見合ったサービスを提供しているということになるのでしょう。



ただ働く側からしてみれば、バイトは使い捨てのような扱いを受けます・・・。1週間もてば良い方で大体の方がヤメていきました。僕が働いていたのは1年も無かったですが最初から最後までずっといたのはホント数えるくらい。学生がほとんどだったということもありますが。





では何故こんな鬼のように使われていたバイトを長く続けたのか。それには理由があります。冒頭でも書きましたが今まで一番楽しかったバイトです。その理由は・・・



次回に回しましょう^^



後編へ~続く!