モゲブロ

モゲブロ

稼ぐことを考えた個人事業主や経営者に向けて

MENU

【危険】2年間掃除していない空気清浄機を使った結果・・・

f:id:mogemogewo:20171005114043j:plain


スタッフ含め男4人組織。多少の掃除はしますが、やはりそこは男です。常に綺麗な状態というのは到底ムリな話でしょう・・・。


どうも、モげをです。


最近は急に寒くなってきたので、朝が辛くなってきます。自宅警備員としてはやはり家の環境をよく保ちたい。その為に空気清浄機を買っていました。

プラズマクラスターの威力?


2年ほど前でしょうか。今の事務所兼自宅にも空気清浄機を置きました。



購入したのは、2015年7月の確かAmazonプライムデーの限定セールです。購入金額は13800円で今なら新品だと20000円越えの廃盤価格になってますね。セールで複数仕入れて半年後売ってたら儲かっていたでしょう・・・。



と物販のことは置いておいて一応最安でお買い物できたはずです^^こちらはシャープ製の空気清浄機で、何とプラズマクラスター搭載!そしてPM2.5対応という謳い文句で販売されています。正直良くわかってません。


実際に使ってみた感想


安かったとは言え、1万円を越える値段です。その効果や力は凄いのだろうな~と考えていたのですが、意外と脆いです。というよりも作りが物凄くお粗末だなと思いました。なんと言いますか、フィルターをあらゆる部分に散りばめて動かすための外装は安い作りになっているのでしょう。


買いたての頃はやはりホコリは取ってくれるし、気持ち的に効果はあったのかな~と思っています。実際にフィルターや空気清浄機の後ろにはホコリが貯まっていきますからね。こまめに毎日や週に何回かでも手入れできるのであれば良い商品だなと。



ただやはり結局空気清浄機を長く使うのなら定期的なお手入れとフィルター交換をこまめにする人でないとダメだなということ。

そのような感じで最初の1年はそこそこ使いましたが、ここ最近はずっと放置していました・・・。

手入れなしに使うと危険


手入れなしとはいっても、もちろんフィルターのホコリは軽く取ったり、外装を拭いたり水を綺麗に換えたり・・・くらいはやりました。それ以外は何も考えずに使い始めたのが間違いでした・・・。


喉が物凄く痛いのです・・・


乾燥か?と思いましたが、ここ1ヶ月くらい空咳が出るような感覚が続いています。もう大分落ち着いて来ましたが、原因はこの空気清浄機ではないかと勘ぐっていいたわけです。そこから色々と調べるとフィルターに気付かないカビ発生していたり、内部の水が腐っててそこから出る空気を吸うとヤバいということが判明しました。



肺炎的な症状になる危険性もあると・・・これじゃないか。笑



ということで長年空気清浄機のフィルターを買い替えていなかったり、細部まで掃除していない方は是非とも一度真剣に掃除することをオススメします。

僕がやった5つのこと


流石にガチ掃除なので徹底的にやります。今年の冬は快適な湿度で暮らしたいですからね^^

1.説明書を読む


読まないですよね^^;笑


引っ張り出してくるのは面倒なので、ネットで検索して出しました。「型番 説明書」と調べれば家電系だと大体のメーカーがオンライン説明書をPDFなどで見れるような状態になっています。


そこにはお手入れ方法が書かれていたのでそれに従い清掃を進めていきます。

2.部品をバラバラにする


この時点で驚きました。後ろにあるフィルターは2層くらいになっていて外れることは知っていました。そして水を補給するタンクも取り外し出来ることも知っていました。ですが・・・水受けになる部分が丸ごと外れることは買ってから今まで全く気付きませんでした・・・。


f:id:mogemogewo:20171005110652j:plain


これ・・・。フィルターもそうですが、ここには常に水が貯まっています。当然ですが水垢や菌も繁殖しやすい場所ということです。それを知らずに使っていたとなると恐ろしいです。この写真は清掃した後ですが、初めて外した際は水垢で底が茶色くなった悲惨な状況でした。



本当に良くないので、お気をつけください。

3.水洗い可能な部品は全て洗浄


この水受けや貯水タンクなど全て熱湯消毒するのに加えて食器用洗剤を使い洗ってきます。あまりにもこびり付いた垢が取れないので、歯ブラシや爪楊枝を使い細部までお手入れしていきます。


フィルターは水洗い出来ないのでホコリを掃除機で取るのが一般的。ですが、カビが生えていたら掃除機の空気でカビを撒き散らすことになってしまいます。それも嫌なのでフィルターは買い替えることを決断しました。


4.交換可能な部品を全て購入


これが一番ネックですね・・・少なくとも1年に一回くらい交換しないと手入れも面倒くさいし、寒くなってくるに連れて不安です。



まずは2種類のフィルター。ホコリを集めるフィルターと匂いを消すフィルターが搭載されているのでどちらも買い替えます。正直黒い方の脱臭剤ですが、これにカビが生えていても見た目では判断出来ません。



続いては加湿のフィルター。これは先ほどの水受けの部分にくっついていている部分です。これも内部にあり、今まで見たこともありませんでした・・・。




最後に補給タンクの蓋に付いているイオンカートリッジです。水を綺麗にするのかな?良くわかりませんが、とにかく交換できる部分は全て交換していきます。これらはAmazonで買いました。


5.買い替えた方が良いのではと思い始める


ここまでやって、後は部品が全て届けば清掃完了です。ただですね、必要な4つのパーツを購入するだけで金額的に6660円かかります。2回でも交換すれば新しい空気清浄機買えちゃう値段ですからね。


掃除を気にしなきゃいけない、実際に細かくお手入れしないと・・・など考えると消耗品として1万円以下の物を買っても良いのかなと感じてきました。例えばですが、売れ筋も値段も良い商品だと



メーカーは違いますが4つのパーツよりも安い金額で空気清浄機が手に入ったでしょう。いやー、処分してコレ買っても良かったな。笑


新品ほど安心できるものはないですからね。結局フィルターでお金使うならお手軽価格のを1年毎に買う方が楽ではないかと感じました。


カビや菌は要注意


これが普通の家庭なら当たり前のことかもしれません。お母さん、嫁さんがここまでやってくれていると考えたら有り難いでしょうね・・・。残念ながら僕らは男組織でここまで気を使う人は誰もいません。だからこそ身をもって危険な状態にならないとわからないということ。



ただこれからは流石に空気清浄機や加湿器など気を使うことは間違いないでしょう。正直ここ最近のモチベーションは多少体調により下がっていたことは間違いありません。


一人暮らしの男性諸君。気をつけましょう^^;